FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

これは結局、何が解決したんだろう 鬼うた。

鬼うた。
綾子ルートクリアしました。

このルートをトゥルー的な位置に持ってきているということは、これがシナリオライターにとって理想というか、こうあるべきという関係なのでしょう。
まあ、綾子や小春、特に小春は成長したと言えるでしょうね。
問題なのは主人公と姫歌。
主人公は来るべき時が来た時に、現実を受け止める事が出来るか、という心配。
あんまり成長した感じがしないんですよねぇ、この主人公。
そして姫歌。
こちらも、同じ事の繰り返しになりそうな不安がダリダリの中に残ってしまっています。
ダリダリがネガティブな方にばかり気が行ってしまっているせいで、こんな風に考えてしまっているだけかもしれませんが。
これで「鬼うた。 」は全クリです。
これほど"終わった"という実感の沸かないゲームも珍しいです(苦笑)
鬱ゲーという印象もありますが、どちらかというとサスペンスの様な雰囲気で楽しんでました(笑)
ダリダリは鬱ゲーは苦手なんですが、これはそんなに鬱にはなりませんでしたね。
文字でのプレイヤーを鬱にするような表現や描写が上手くないのかもしれません。
その代わり、雰囲気はかなり伝わって来ていました。
怖かったもん(泣)
成功してる部分と失敗してる部分がはっきりしていて、作品を構成するパーツのそれぞれが上手く繋がらずにバラバラに孤立しちゃってる印象です。
勿体無いですね。

仏蘭西少女 ~Une fille blanche~」、始めました。
文学ですねぇ。
こういう雰囲気大好きです。
←してくれたら嬉しいです



テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009/07/11(土) 13:12:28| [日記]プレイ日記| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。