FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

★レビュー★Canvas3 ~白銀のポートレート~

[F&C・FC01]より「Canvas3 ~白銀のポートレート~」のレビューです。
多感な青春時代を描く冬の学園恋愛ADV。

主人公・山吹学(やまぶき・まなぶ)は、繚乱学園の2年生で美術部の部長。
今年も冬を迎え、目前に迫ってきた進路の選択に頭を悩ませている。
学の夢は絵の道に進む事だが、プロになれるとは限らない。
夢と現実に揺れ動く学に対し「堅実な道に進んで欲しい」と願う父親は「桜花展で金賞を取れれば夢を追っても良い」と条件を出す。
桜花展出展の作品に取りかかる学。
天才肌の元部長・木通遊佐、 隣に住む幼馴染・長橋涼、 天然系の実妹・山吹恋華、 ドジっ娘美術教師・千種菜々美と、 悪友・堺悠太。
そんな気の置けない仲間たちとの時間の中でも、あまりにも高い目標に、なかなか筆が進まない。
そんな時に「町おこしのため」と観光協会から頼まれたパンフレットの作成。
そしてひょんなことから学を追って美術部に入部した、学園のアイドル・朝里利奈の存在。
それがこの冬に始まる恋物語のはじまりだった。
総プレイ時間は15時間ほど。
ヒロインは5人。
ですが、妹の恋華は実妹の為か、えちぃの本番は無く、フェラ止まり。
シナリオも、(少なくとも主人公側は)本気の恋愛ではない感じなのが残念でした。
シナリオ全体としては、"Canvas"の名を冠していますが、実際は絵は物語のスパイスの1つでしかなく、主題は普通の恋愛モノでした。
主人公も、特に絵や芸術に対して特別な悩みや拘りがあるわけでもなく、ただ進路という岐路に立たされた普通の学生。
重要ポイントと思われた"桜花展での金賞を取る"という事に関しては、納得のいく作品が出来ないという描写ばかりで、実際に出展した作品を描く過程や作品自体のこと、そして"桜花展"での結果や進路の事などがあっさり流されている点で、やはり"Canvas"ではないな、という印象を持ってしまいました。
シナリオに盛り上がりが無く、日常もキャラの魅力が薄い為、楽しめる部分が少なかったです。
主人公がキャラが薄く、酷い鈍感で男らしさも見られないのも原因のひとつ。
1番魅力のあった恋華が上記の通り、中途半端な扱いなのがどうしようもないです。
本番無しなのは構わないとしても、それならその無い事を上手く使って、実の兄妹との恋愛の苦悩をもっと描くなど、深みのあるシナリオにして欲しかったです。

ダリダリのお気に入りは、言わずもがな、恋華です。
彼女はホントお兄ちゃん思いで健気な子です。
恋華シナリオでは、主人公のダメさ加減が恋華の健気さをより一層引き立たせています。
マシなのは、利奈と遊佐先輩。
これは声優さんの頑張り。
そして、幼なじみと先生に関しては、声優さんの頑張りを持ってしても救いようが無かったです。

"Canvas"シリーズと思ってプレイしては絶対にいけないです。
普通の恋愛モノとしてプレイしましょう。
それでも厳しいものがあるとは思いますが……。
←してくれたら嬉しいです



テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009/04/03(金) 14:06:19| [2009年]Canvas3 ~白銀のポートレート~| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。