FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

★レビュー★アンバークォーツ -Amber Quartz-

[コットンソフト]より「アンバークォーツ -Amber Quartz-」のレビューです。
[コットンソフト]第4弾となる本作。
かつては仲が良かった、いつしか疎遠になってしまった、そんな幼馴染対達の過去と現在が交錯する夕暮れ学園ADV。

かつて仲の良かった6人の幼なじみ達がいた。
彼らは互いに友情を誓い合い、固い絆で結ばれていた……はずだった。
だがいつしかその交流は途絶え、やがて疎遠になってしまう。
それから7年の月日が経ち、昔を思い出すこともなくなった頃……。
主人公は自分を慕ってくれる後輩や、クラスメートの友人達と平穏な学園生活を送っていた。
そんな主人公の前に、かつての幼なじみ達が再び姿を現した時――
忘れかけていた思い出が巡り、また、物語の幕が上がる。
総プレイ時間は20時間程度。
攻略順に制限があり、初回は智ルート固定で、その後サリナと弥夜子、Extra Episodeが解放。
Extra Episodeクリア後になゆたルート。
メインはなゆたルートで、謎はこのルートで明かされる部分が大きい為、各ヒロインルートでは謎を残したまま、根本的な問題は解決しないままでエンディングを迎えるようになっています。
逆になゆたルートでは、他のルートで明かされる謎や過去を主人公が全て知った状態で始まります。
なゆたルートとサリナ・弥夜子ルートは攻略順に規制が無い為、注意が必要です。
個人的な推奨としてはなゆたルートは最後に。
夕暮れ学園ADVとジャンルはなっていますが、実は非日常の目立つファンタジーバトルモノ。
中盤まではなゆたとの日常シーンが盛り込まれていますが、各ヒロインルートに入ってしまえばそれも無くなり、非日常がメインになります。
この"実はバトルモノ"というのはブランドが狙って隠していたようで、これはユーザーの反応が分かれるところです。
自分はこのサプライズがプラスに働きましたが、もちろんマイナスに働く人もいたと思います。
シナリオは戦闘を挟みつつ、過去と現在、仲間・友達・恋人・家族といった人達との絆が描かれています。
複数ライター起用のせいか、シナリオ毎に出来や表現方法の違いがあり、完成度の波が非常に大きいです。
智となゆたシナリオは盛り上がるシーンがあり良かったのですが、サリナと弥夜子シナリオではプレイヤーは完全に置いてけぼり。
付いていけない謎展開&急展開。
それでいて泣かせようという魂胆が丸分かりな為、余計に醒めてしまいます。
戦闘シーンの演出は、[コットンソフト]がそういうものに慣れていないという事もあって、やはり微妙。
しかし、展開面では智となゆたシナリオで盛り上がる場面が見られます。
また、戦闘で主人公が主人公らしい活躍を見せるところもこの2つのシナリオでは共通しています。
恭平を始めとする男性キャラ、サブキャラが多く存在し、中には物語の中核を担うキャラ、魅力溢れるキャラが多いのもポイントです。
細かいところで謎や補完して欲しかったが足りていない部分があるのは残念でした。

立ち絵・CGは安定していますが、時々あれ?と思うCGも。
ヴォーカル曲は秀逸で、特にいとうかなこさんの歌う挿入歌"琥珀の祈り"は流れるシーンも相まって素晴らしいものでした。

ダリダリのお気に入りは、キョウこと恭平です。
仲間想いの言動、戦闘での活躍ぶり、それの根源である背負ったもの、と人間味溢れるキョウの魅力が満載です。
彼はもう1人の主人公と言っても過言ではないと思ってます。
ヒロイン勢は……微妙なところです。
萌えゲーではないので、萌えポイントやイチャイチャシーンは少ないですし。
智のお漏らしシーンは多いですが(笑)
後はアマミーこと雨宮が良かったです。
とは言っても、目立つのは智シナリオでのみですが。
昴の両親のその後などもアフターエピソードとして欲しかったです。

バトルモノという事を知らないままプレイした人は評価が分かれます。
このレビューを読んでいる方を含め、事前にバトル要素のある燃えゲーと知ってプレイすれば、楽しめる作品だと思います。
本当は、え?そんな展開なの!?、というサプライズの部分も含めて楽しんで欲しいのですが。
これはプレイヤーが、主人公達の"ある日突然非日常に巻き込まれる"、という感覚を共有出来る要素なので。
……このレビューを読んでる時点でもう無理ですが(苦笑)
シナリオ毎にムラがある事にはくれぐれも要注意。
←してくれたら嬉しいです



テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009/02/10(火) 16:25:14| [2009年]★アンバークォーツ -Amber Quartz-| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。