FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

ちょ、この回想シーンのお母さんは反則過ぎ ほしうた

ほしうた
くららルートクリアしました。

分かる人には分かるくららルート入ってすぐのシーン、あまりの不意打ちに思わず涙が(泣)
声がまき いづみさんというのも威力倍増ポイント。
分からなかった人は「これ」をプレイして無いですね?
ちなみに直接的な関係性などはシナリオ中では特に触れられていません(声は同じですが、髪の色が違うので同一人物ではなさそう)
これと言ってシナリオに深く関わってくる訳でもないです。
ちょっとしたファンサービスといった感じでしょうか。
ルート前半の過去に起因するわだかまりの話は、くらら側に重点が置かれているせいか、主人公側の描写が少なく、もっと詳しくあっても良かったかなと思いました。
シナリオの締めはよくある、お嬢様シナリオの王道展開。
くらら、のん気過ぎです。
もっと早く状況を理解しようよ(苦笑)
小梅さんのポジションが想像と違ってました。
主人公、信用無さ過ぎ(笑)
もうとっくに信頼関係を築けてたと思ってたのに。
最終的には想像通りのベクトルに向かうんですが、なんか小梅さんが、よくいるギャルゲのヘタレ主人公キャラに見えました(笑)
ヘタレる→親友キャラや他ヒロインに説教される→目が覚める→気合を見せる
みたいな。
くららの鈍さもそうですし、小梅さんのこともそう、このルートはちぐはぐに感じる部分が多かったように思います。
それにしてもこのエンディングムービーへの入り方は酷い(笑)
まるでバッドエンド。
思わず笑ってしまいました。

次はななの。
ラストは結衣の予定ですが、結衣って自分から全然アプローチしないくせに、誰かと仲良くなるとショックだけは大きく受けるんですよねぇ。
←してくれたら嬉しいです
人気blog←ブログランキング参加中



テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009/01/15(木) 19:19:40| [日記]プレイ日記| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。