FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

★レビュー★かしましコミュニケーション

[AXL]より「かしましコミュニケーション」のレビューです。
凡人の学生が一国の姫と出会ったことから始まる、異文化コミュニケーションADV。

――城崎丈太郎は凡人である。
成績、運動神経、すべて平均値。まるで絵に描いたような平凡学生。
しかし……ある理由から、彼は学園の有名人だった。
彼は「異文化交流研究会」という、小さなサークルの代表を務めている。
名前だけを聞けば、海外の文化に思いを馳せ、外国人との交流を熱心に行っているような……そんな印象を持つかもしれない。
しかし、それは間違いである。異文化交流研究会は――学園でも随一の、変人集団だったのである。
とてつもない美女のくせに、UFOや宇宙人との出会いを夢見て研究会を創設した先輩……
大して霊感は無いくせに幽霊、オバケ、妖怪なんでもござれのオカルトマニアな幼馴染……
無愛想でクールな本の虫、しかし口を開けば刺さるような毒舌オンパレードの後輩女子……
女子だけではない。馴染みの悪友は発掘マニアの遺跡バカだし、女こそ、男にとっての最大の異文化だと言い張るナルシストな後輩男子……etcetc。
半ば強制的に、二代目会長を襲名させられた丈太郎は、今日も会長職という名の下働きに奔走するのだった。
だから――変人たちの中で、平凡な彼の口癖は、いつもこうだ。
「普通の人、求むっ!!」
そんなある日――丈太郎は、街角で一人の少女と出会う。遠い異国の地からやって来た、迷子の少女……
まさか、その少女が一国の姫君だとも知らずに、丈太郎は声をかける。
それは……信じられない体験に満ち満ちた、暑い夏へのプロローグだった。
総プレイ時間は25時間程度。
各ヒロインにグッドエンドとノーマルエンドがあります。
やや分岐条件が分かり辛く、迷うとプレイ時間は延びるかもしれません。
一度通過したシーンは[AXL]作品ではお馴染みのあらすじスキップが出来るので、2週目以降や分岐で迷っても時間短縮が可能です。
雰囲気は前半はドタバタコメディで後半がややシリアス。
シナリオ展開は同じ様なシーンが繰り返される事が多く、間延びした印象がありました。
また、強引な展開が目立ち、いくらなんでもそれはないだろうと突っ込みたくなる事もしばしば。
ルートによって設定が変わったりと、シナリオライターが1人にもかかわらず統合性に欠けていたのが気になりました。

ダリダリのお気に入りは榛名です。
キャラもシナリオも一番良かったです。
ウルザもルートによってはカッコ良かったです。
他のヒロインもピンポイントでは良いなと思う時があったりするんですが、それぞれのルートでの展開が足を引っ張ってますね、きっと。

安定した内容の作品が続いていた[AXL]ですが、今作はこれと言ったモノも無く、更にはシナリオも低水準。
ちょっと残念な出来でした。
←してくれたら嬉しいです



2010/04/24(土) 14:58:56| [2010年]かしましコミュニケーション| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。