FC2ブログ

かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記

ダリダリの美少女ゲーム(エロゲー)批評&プレイ日記。積んでませんよ?積んでません。
美少女ゲームレビューまとめ【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

★レビュー★PRINCESS WALTZ

[PULLTOP]より「PRINCESS WALTZ」です。
王子様とお姫様のファンタジーバトルAVG+戦闘SLG。
アドベンチャーパートの他にある戦闘パートはカードを使って行われます。
基本は手札のカードを選択して数値の大きさで優劣を決める方式で、他にいくつかの要素を加えてダメージを与え、最終的にHPを0にする、というものです。

時は現代、所は日本。
平凡に暮らしていた主人公「深森新」の前に、一人の金髪の少年が現れる。
少年の名は「クリス=ノースフィールド」。
七央城の王子だという。
クリスの指輪をはめてしまった新は彼と行動を共にすることになる。
クリスの周りに集い来るは、いずれ劣らぬ美しさをもつ姫君たち。
煌びやかなドレスに身を包んだ姫君たちは、驚く新のことなどお構いなしに、苛烈に、華麗に、戦闘を開始する。
それは「プリンセスワルツ」
たった一人の王子をめぐる、世界でいちばん華やかな戦い……。
シナリオはほぼ一本道。
ラスト直前に数回あるだけで他に選択肢はありません。
エンディングも選択による違いは薄く、ヒロイン別エンドはありませんでした。
前半は主人公が戦いに巻き込まれていく様や姫同士の戦闘がメインに語られています。
戦闘シーン、特に姫対姫のプリンセスワルツがとても良いです。
BGMや画面効果の演出が光り、テキストも激しく熱いものなっていて素晴らしかったです。
後半、姫同士の戦いが無くなりその熱さが冷めてきてしまうのが残念でした。

戦闘パートはシナリオの随所に織り込まれています。
難易度は高くなく、普通にステータスを育てて、あとは属性の有利不利をきちんと把握していれば、苦戦することはあっても負けることはそうはないです。
前半の慣れないうちや姫との戦いはなかなか面白いのですが、後半はザコとの連戦や前に戦ったことのある敵との戦闘ばかりになり、少し面白さが半減します。

ダリダリお気に入りキャラはルンルン!
……なんですが、個別エンドが無いというのはやはりちょっと……。
アンジェラもだんだん好きになっていきました。
ルンルンVSアンジェラは最高でした!
戦闘パートも結構燃えました。
シナリオも戦闘パートも、後半も前半と同じ熱を保っていられたなら、と思うと残念です。
それでも姫対姫のプリンセスワルツは苛烈に華麗で、余りあるパワーを持っていました。
このゲームは恋愛モノではなく、バトルアクションモノとして楽しむ作品だと思います。

←してくれたら嬉しいです


PRINCESS WALTZ 初回版
PRINCESS WALTZ
初回版

ゆのはな 通常版
ゆのはな
通常版

AYAKASHI / アヤカシ DVD-ROM版
AYAKASHI
アヤカシ
DVD-ROM版

ゆのはなビジュアルファンブック
ゆのはな
ビジュアルファンブック

ゆのはな
ゆのはな
ノベルス

涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの憂鬱

2006/05/18(木) 19:44:14| [2006年]★PRINCESS WALTZ| トラックバック:0コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 かったりぃけど美少女ゲームレビュー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
初回版・オリジナル特典の宝庫
初回版・オリジナル特典の宝庫

Yahooショッピング
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。